★バークリーの環境が生んだ新発想!特許取得!★

Music Office Bop Wind 代表、サックスプレイヤー熊谷駿は、バークリー音楽大学在学中に 1940 年代のジャズ「Bebop(ビ バップ)」を研究すると共にヴィンテージサックスに触れる機会も多くまた、その収集に至る中で現代のサックスにおいて は、再現出来ないヴィンテージサックス特有の渋く太いサウンドに惹かれました。

 

当時の渋く力強い音色を自らの演奏の中で も再現することが出来ないか追求するとともに、渡米後、自分のサックスの音量や音の太さという点でアメリカ人にどうして も勝る事が出来ないという壁を感じていました。予てより「振動の伝達」に関する知識を持つ中で、マウスピースとリード間 で生じる振動を生かすことはできないであろうかと考えていた際に楽器本体に振動源を直接伝えることで上記の問題を解決出 来るのではないかと起案しリガチャーの構造や金属の素材、振動伝達方法など様々な試作を重ね、遂に振動源の伝達をリガチ ャーによって楽器本体に伝達することに成功しました。

 

バークリー音楽大学の一流教授陣からも新しいアイディアであると高 評を得て、この度特許庁よりその独創性が認められ特許取得に成功しました。JAZZ の王道を行く若きミュージシャンの類稀な る探求心とバークリー音楽大学という彼を取り囲む環境の中から生まれた新発想のアイディアであります。 

 

特許第6183937号

平成29年8月4日 登録 

発明の名称 ワイヤーリガチャー

 

マウスピースとリードで発生した振動源をリガチャーによってネックに 「橋渡し」することによりネックコルクで吸収される振動をネック本体 に伝達させ楽器本体にも振動を伝達させるアイディアを考案しました。 そして振動源を減衰させずに直接伝達するためには、金属線を切断せず にベンディング加工(曲げ加工)を施しコイル状に巻き上げなるべく振 動源をリガチャー自身が多くキャッチし遮断することなくネックを通し 楽器本体に直接伝えることに成功しました。

 

そしてリガチャーからネッ クに振動を橋渡しする際になるべく鋭角を作らず丸みを帯びた形にリガチャーを加工し滑らかな振動伝達を作りました。

 

ワイヤーリガチャー は、振動と共振をロスなく、ネックに直接的に伝達し楽器本体を反響さ せることで音量の増大と音質の変化を実現する新発想のシステムの構築 に成功する事が出来ました。 アルト・テナー用 Brass(真鍮)と Bronze (リン青銅)と素材を変えて 4 バリエーションを提供しています。 更なる詳細は、コチラにてご紹介しております。

特許第6126296

平成29年4月14日 登録

発明の名称 レゾナンスブリッヂ

 

レゾナンスブリッチは、ワイヤーリガチャーの基になる発案で、リー ドに生じた振動をダイレクトにキャッチして、ネックに伝えるシステム です。既存のリガチャーとリードの間に挟み込んで固定することでマウ スピースとリード間に生じた振動をネックコルクに吸音・減衰されるこ となく楽器本体まで橋渡し(ブリッジ)する事により、音量の増大と音質の変化をもたらすことに着目した発明です。

 

その新発想システムを生かして、レゾブリガチャーを商品化しました。レゾブリガチャーは、リードの振動をダイレクトにネック に伝えることを第一のコンセプトにして、各パーツの選択によって、プレイヤーがオリジナリティ溢れる音色の追求を可能にする、新発想リガチャーです。

 

レゾナンスブリッチ・ボディ・締付ローレットネジ・ベルト・ネジ類に至るまで、広範なパー ツを用意することで、プレイヤーが自分だけのリガチャーを作る新しい楽しみに出会うことに違いありません。まずは、純粋 にレゾブリガチャーの神髄を感じて頂くため、Brass(真鍮)と Bronze(リン青銅)のセットを設けました。これをベースに あなたの音を作り上げてください。

レゾブリガチャーに関して詳しくは、コチラをご覧下さい。 

 

上記のお問い合わせに関しては、以下のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい!

(回答は2-3営業日以内に担当者よりご連絡致します。)

メモ: * は入力必須項目です